大会について

「拝啓 加藤文太郎 兵庫縦断スピードハイク」は”県下で初めての百マイル級のイベント”と、”偉大な登山家である加藤文太郎の足跡”が出逢い、生まれた大会です。
隔年毎に、神戸市の和田岬から但馬浜坂、但馬浜坂から和田岬まで繰り返し縦断します。本大会は
順位やタイムを争うレースではありませんので、それぞれのペースで浜坂を目指してください。エイドなどのサポートは致しません。縦断中に起こる全ての事に自身で予想、対応してください。アスリートの先達でもある加藤文太郎に親愛と敬意を込めながら、48時間の旅を楽しみましょう。

加藤文太郎とは

明治38年、兵庫県美方郡浜坂町(現在の新温泉町)浜坂に生まれた文太郎は、神戸の企業(三菱重工業の前身)に勤務した頃から本格的に登山を始める。現在ではポピュラーとなった、六甲全山縦走を始めたのは、加藤文太郎である。非常に歩くスピードが速かった文太郎は、トレーニングの為に和田岬から兵庫県を丸一日かけて縦断しました。当時は高級なスポーツとされていた登山の中で、加藤文太郎は、ありあわせの服装をし、地下足袋を履いて山に登る異色の存在であった。単独行であることと、地下足袋を履いていることが、彼のトレードマークとなった。日本アルプスの数々の峰に積雪期の単独登頂を果たし、「単独登擧の加藤」、「不死身の加藤」として一躍有名となる。昭和11年、槍ヶ岳北鎌尾根に挑むが猛吹雪に遭い天上沢で31歳の生涯を閉じる。当時の新聞は彼の死を「国宝的山の猛者、槍ヶ岳で遭難」と報じました。登山に対する精神と劇的な生涯から、新田次郎著『孤高の人』のモデルとなった。

 
Buntaro Kato is a legend in the mountaineering world. He was born in Hamasaka-cho in 1905. He started mountaineering when he began working for a company in Kobe (Predecessor of Mitsubishi Heavy Industries).
He is a pioneer of traverse of Rokko mountains in Kobe.
He walked in incredible high speed and traversed longitudinally Hyogo pref. from Kobe to his home Hamasaka as a part of his training.
In those days, mountaineering was an expensive sport for upper class people, but Buntaro was unusual and went mountaineering wearing ordinary clothing. He was acknowledged as someone unique who went mountaineering alone and wearing tabi socks.
He reached the summits of Japan Alps in snow season alone and called as “Solo climber Kato” or “Immortal Kato”, and then he was catapulted into fame.
In 1936, he encountered a blizzard of snow at Tenjosawa River when he challenged to Kitakamaone of Yarigatake and closed his life of 31 years old. His death was reported in newspapers as “National tough mountaineer was stranded in Yarigatake.”
He began a model of a mountain novel “KoKou no hito” written by Jiro Nitta due to his spirit to mountaineering and his dramatic life.
 

2019年 第4回かとぶん「REVERSE」大会要項

開催日2019年5月3日〜5日
スタート 但馬浜坂サンビーチ/フィニッシュ 神戸和田岬 
距離176キロ
累積標高約3,575m
制限時間48時間
定員:50名程度(先着順)
エントリー受付期間 2019/2/1 20:00 〜
参加資格
(必須)Facebook登録者(事前連絡、チェックポイント確認等のため)
①100km完走、完歩された方
②試走会完走者 2019/1/5開催予定 別途イベント立てます。JR福崎駅10時スタート、19時 和田岬ゴール約60kmの予定です。
③過去かとぶん参加者

参加資格は上記、(必須)+①または②または③とします。
 大会参加費:3,000円(税込)
 
<大会スケジュール>
5月2日(木)前日祭(詳細未定)
5月3日(金)スタート 13:00 新温泉町浜坂サンビーチ
5月4日(土)関門 11:00 JR生野駅
5月5日(日)ゴール 13:00まで 和田宮公園
 
受付会場、アクセス:新温泉町浜坂サンビーチ JR浜坂駅から徒歩16分
住所:兵庫県美方郡新温泉町芦屋

<浜坂での宿泊>
松の湯レクリエーションセンター(大部屋利用)
〒669-6701 兵庫県美方郡新温泉町芦屋853-1
宿泊費2,250円
 
<入浴施設>
ユートピア浜坂
〒669-6702 兵庫県美方郡新温泉町浜坂1352-1
開館時間:午前10時~午後10時
料金350円
 
<完走証のお渡し>
和田宮公園:〒652-0863 兵庫県神戸市兵庫区和田宮通5丁目5
 
<サポート>
傷害保険:参加者各自で加入
大会開催の可否:悪天候の場合の開催の可否については開催前日に告知いたします。
エイド:公式のエイドはありませんので、各自コンビニ等で行動食をお求めください。
荷物の搬送:荷物の搬送は原則いたしません。携帯するか、ロッカーをご利用ください。
 
ページトップへ

コースについて(復路)

浜坂サンビーチスタートして湯村温泉を過ぎてから柤岡(けびおか)の峠越えが始まります。村岡から関宮までは交通量の多い国道9号線を走行しますのでご注意下さい。生野の中間地点を通過して、福崎、加西、小野、三木を通り、最後に文太郎が愛した高取山を登り下ると、いよいよゴールの和田岬を目指すビクトリーランが始まります。

大会ルール

食糧補給、施設利用、交通費等、大会中に掛かる全ての費用は各自負担です。
大会走行中の交通規則は厳守します。
③荷物の搬送は原則いたしません。携帯するか、ロッカーをご利用ください。
④コース上に設定されたチェックポイントを通過してください。
⑤チェックポイント通過時にFacebook(特設)に写真やメッセージを投稿してください。
⑥関門を設けます。制限時間を超えた場合は、自主的にリタイヤしてください。リタイヤの時には主催者に連絡してください。
装備品 ●必須:健康保険証、ヘッデン、後方用フラッシュライト、携帯電話、予備電池、モバイルフォン用バッテリー、熊鈴、レジ袋 大3枚(回避ルート通過用)。
●その他の装備:ビバーク用のシュラフ、マット等。
⑧傷害保険は各自で加入してください。
⑨大会中に撮影した画像の掲載権・使用権は主催者に帰属します。
誓約書に必要事項を記載の上イベント当日、受付に必ず提出してください。

関連データ、ダウンロード

復路マップkato_route_fukuro_2019.pdf 
グーグルマップリンク
誓約書誓約書.pdf
ゼッケン参加者用ゼッケン.pdf
完走証2019_完走証